ゲスト【Keito Takaishi】

デジタルアート・Keito Takaishi



 立命館大学情報理工学部の学生。

 小学生の頃は絵画教室に通い油絵を描いて過ごす。14歳からベースを始め、高校時代には自身で作曲を開始。 

 現在は、大学入学時より学びはじめたプログラミング技術を用いて、独自の映像制作を手掛けている。映像はセンサーや個人で作成した音源を元にインタラクション作品(作り手と受け手のやりとりにより生まれる作品)を作成している。 


 自身で立ち上げたメディアアート団体「MAP」の代表を務める。

 一方でプログラミング技術を生かした映像制作方法を中高生に教える活動にも力を入れている。






 

0コメント

  • 1000 / 1000